【まるで舞妓はん?】下地やファンデーションの白浮きをなくすための6つの対策

化粧下地と日焼け止め
お悩み
気合を入れてメイクをしても真っ白で不自然すぎるメイクになっていませんか?
透明感のある素肌は誰しもが求める理想の完成形です。
スッピンでその状態となるのであればいうことはありませんが、中々そうもいきませんよね。

そこで活用するのがお化粧ですが、気が付くとなんだか白く浮いているような状態に…なんてことがよくあります。
ファンデーションが、まるでマスクを被ったように浮き上がって見えてしまう人をたまに見かけます。

白浮きは不自然だし何よりも膨張色なので顔が大きく見えてしまいます。

【原因】なんでこうなるの?

白浮きの原因は様々なものが考えられます。肌の調子がたまたま悪かったとか、生理前でも肌は全然ちがいます。また、安すぎるファンデーションや時間が経ったファンデーションも白浮きの原因になったりするんです。

下地を塗った段階でもうなんだか白いような気がする、そんな事ありませんか?
美しい素肌のようなお化粧をするためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は下地や白浮きをなくしてより自然に見せるための方法を解説します。

ファンデーションの白浮きをなくすための6つの対策

1,色のついた下地は使わない!

肌の色は人によって大きく異なります。
色付きの下地液を使う事が多いかもしれませんが、それが白く浮いた様な印象を作ってしまっているんです。
まずは自分が使っている下地を見なおしてみましょう。

よく探してみると、ちゃんと色のついていない下地液は販売されています。
最近では日焼け止めなどでも無色透明の物があったりするので、それを使ってみるのもいいですね。

2,【購入する時】必ずテスターを使用

色付きの下地かどうかのチェック方法

店頭で購入する前に、まずチェックしてほしいのが下地に色がついているかどうかです。
とはいっても、ぱっとみて下地液に色があるかどうかはわかりにくいのが現状です。

そこで大切なのがテスターを使用するということです。
手の甲などに実際に出して、伸ばしてみてください。
この時に肌になじまない下地は問題があります。

コスメカウンターで実際に使ってみて、照明を当てても白浮きしていないか確認してから購入するようにしましょう。

3,自分の肌より暗いファンデを使う

白くなる下地で素肌感を出すには?

下地をまんべんなく顔に塗り伸ばし、ムラがないかを確認してください。
次に、自分の肌色よりも暗めのファンデーションをのせていきましょう。
オークル系を使うと、うまく馴染む事が多く、透明感のある素肌感を出すことが出来ます。

コスメカウンターでテストできない場合にも有効な手段です。

白浮きも防げますし、暗めの色のほうが肌の粗が隠れて美肌に見える場合があります。

4,ファンデーションの2色使い

顔のUVケアは万全なのに、首は無防備で日焼けしてしまい、
結果的に白浮きが目立ってしまうことがあります。

そんな時にはファンデーションの2色使いがお勧めです。
このやり方はプロのメイクさんが行う方法です。
顔の中心から高い位置、おでこや鼻筋、頬の高い部分などには明るめのファンデーションをつけましょう。
そして、フェイスラインには暗めのファンデーションをつけてみてください。

ファンデーションはかなり暗くなっても大丈夫です。

暗めのファンデーションでシェーディングを行うと、輪郭がひきしまり、白く浮いた印象が消えます。

シェーディング用のパウダーも販売されているので、初心者の方はまずはこちらを使うと上手にお化粧が仕上がるでしょう。

そうすると首の色とのつなぎになって、白浮きを目立たなくしてくれるし、
色の明るいファンデがハイライト効果に繋がって立体的な顔を作れます。

更にフェイスラインに塗った暗いファンデがシャドー変わりになるので、
小顔効果にも繋がり、白浮き防止と合わせて一石二鳥です。

リキッドファンデだとパウダーよりもより自然に仕上がります。

白浮きしない上手なお化粧には、日々の鍛錬が重要です。
まずは回数を重ねてなれていきましょう。

5,パフよりもファンデーションブラシ

今あるファンデーションの白浮きを無くすには、塗り方に気をつけます。

パフよりもファンデーションブラシでつけたほうが、べったりとつく確率が減るので、白浮きしにくくなります。ブラシにファンデーションを取ったら、必ずティッシュや手に軽くつけてから、顔にのせるようにします。一定の量を少しづつ付けていくことが、白浮きしないコツ。

また、顔全体に付けると首との色の境が出やすいので、顔の中心部分を重点的に、外に向かって薄く付けるように工夫します。顔の中心が明るいと顔が小さく見えますし、白浮きは目立ちにくいです。

6,パウダーファンデには化粧水スプレーが有効

特にパウダーファンデーションを使うと、白浮きがめだって、お面をかぶっているような感じに仕上がってしまいます。

ちょっとそのまま外出するのは恥ずかしいなって思う時にやっている白浮き対策は、化粧水スプレーです。
方法はいたって簡単で、ファンデーションを塗った上から、直接化粧水をスプレーで吹きかけます。
すると、あら不思議。

白白仮面がつやつやのお肌に大変身。

化粧水の幕で包み込む感じになるので、化粧くずれの心配もありません。
化粧水は自分の肌に合ったものであれば、なんでもいいです。
とくに、スプレー用の高額なものを買う必要はありません。
百均にうっているようなスプレー容器を用意して、その中に、お気に入りの化粧水をセットしておけばいいです。
白浮き対策と同時に乾燥対策にもなって、まさに一石二鳥です。

まとめ

  • 色の付いた下地は使わない
  • 購入するときはかならずテスターを使用する
  • 自分の肌よりも暗い色を選ぶ
  • ファンデーションは2色使う
  • パフよりもファンデーションブラシ
  • パウダーファンデの白浮きには化粧水スプレーが有効

今回はこんな感じです。
基本はしっかりとスキンケアを行って浮かないようにすること。
そして、浮いてきたらすぐにスプレーでカバーすることです。

浮きやすいパウダーファンデも2色使うことで
立体的に馴染んで小顔効果もあるメイクに変わります。

とにかく白浮きしやすい人は立体的なメイクを目指してみてください。これらを守れればそうそう白浮きしてる顔にはならないはずですよ~