目の周りにできるクマの4つの原因と改善のポイント

目の隈の原因

目の周りのクマって気になっても改善方法がわからずほおって置いてしまう人が多いといいます。
老けた印象や、暗い印象を与えてしまう目の周りのクマ。
ついついコンシーラーなどで隠しちゃえばいいや!と思ってしまいがち。
でも、出来るなら根本から解決してスッピンにも自信を持ちたいですよね★
今回は、目の周りのクマが出来てしまう原因とその対策についてお教えしちゃいます!

★目の周りのクマが出来てしまう原因とは!?

目の周りが黒くなってしまう原因は大きくわけて4つです。

1・目の疲れから来る黒ずみ

2・睡眠不足から来る黒ずみ

3・ストレスから来る黒ずみ

4・目の周りを擦るなどする摩擦からくる黒ずみ

この4つが主な原因とされています。
では、それぞれの対策方法はどのようなものがあるのか見て行きましょう!

◎目の疲れからくるクマ対策

目の周りの皮膚はとても薄く、目の周りには脂肪や筋肉があまり付きません。
そのため、疲れてしまい、目の周りの脂肪や筋肉が少なくなってしまうと、皮膚を通してしたの血液の流れが見えてしまうのです。それが目の疲れから来るクマの原因。
パソコンなどを使ったデスクワークの人など、目を使う作業が多い人は、時々休憩をとり目に暖かい蒸しタオルなどを置いたりして目をいたわる事が大切です。

◎睡眠不足や、ストレスから来る黒ずみ対策

2と3の黒ずみは、ほぼ同じメカニズムです。
睡眠不足や、ストレスが体に起こると、血液が酸素を上手く運べなくなります。
血液は普通真っ赤な色をしていると想像しますが、あれは血液がしっかりと流れている血液なのです。ストレスや、寝不足で血液の流れが悪くなると、血液中の酸素の濃度が下がり血液が黒っぽく変化します。
先ほどお話ししたように、目の周りの皮膚はとても薄くしたの血液が透けてみえてしまいます。
血液の色が黒っぽくなればそのまま目の周りが黒っぽい色として見えてしまうのがクマの原因です。

◎目の周りを擦るなどの摩擦から来る黒ずみ対策

目が痒い時に、手で目の周りを擦る事でクマが出来てしまうこともあります。
目の周りの皮膚は薄く、刺激にとても弱いので、擦ってしまうと、汚れなどの蓄積により色素沈着が起こり始めます。それがクマの正体というわけ。
肌の乾燥を防ぐためにも、目の周りにもしっかりと保湿ケアを行い、目の周りはあまり触りすぎないようにすることも大切です。

いかがでしたか?
目の周りの黒ずみを改善する一番の方法は、血液の流れをよくし目を労わることです。
クマが出来やすい人の多くは、食事の栄養が偏っていたり、運動不足、冷えなどで血流が悪くなってしまっているのだそう。
「クマが取れない!」と思ったら、体からのSOSサインだと認識し、生活習慣を見直すようにしてみましょう。きっと綺麗で魅力的な目元に変われるはずですよ!