【皮膚科もおすすめするジェルクレンジング】3つの魅力と効果的な使い方

061

オイルタイプ、クリームタイプと色々なクレンジング剤が販売されていますよね。
実は、お肌に良いと皮膚科のお医者様が薦めるクレンジング剤は「ジェルタイプ」なんです。今回は、ジェルタイプのクレンジング剤がどうしてお肌に良いのかという事を一緒に見て行きましょう!

ジェルタイプクレンジング剤の魅力

ジェルタイプのクレンジング剤には3つの魅力があります。

肌に負担をかけない(敏感肌の人向き)

敏感肌の方は、オイルタイプはあまりお勧めしません。なぜならオフの時、どうしてもべたつく感じを洗い流したいと思ってしまうために、肌を擦ってしまうからです。
その点ジェルタイプなら、さっぱりとした洗いあがりのため、余計に擦ることはありません。

オイルとミルクの中間で洗いやすさ抜群!

ジェルは、オイルとミルクの間くらいの質感なのでしっかりとメイクオフできるのに、洗い上がりはさっぱりしていると言うのがプラス面でしょう。
オイルだと、ぬるぬる感がいつまでも顔に残っているため、どうしてもお湯を長時間当てて擦り洗いをしてしまいがちです。その点ジェルならオイルよりもさっぱりしているのでメイクも楽に落とせるというわけです。

さっぱりだけじゃないドライスキン対応のジェルもある

ジェルタイプと言うとどうしてもオイリー肌の人が使うというイメージがありますが、最近のジェルクレンジングはしっとりタイプというのも販売されるようになりました。
クリームクレンジング並みの保湿力を持つものもあり、大人女子達に今人気が出始めています。

ジェルタイプのクレンジングを効果的に使う方法

ジェルタイプのクレンジングを使う事は皮膚科のお医者様も推薦されている事ですが、上手に使わなければ、効果は半減してしまうもの。
では、ジェルタイプのクレンジングを効果的に使う方法とは一体どのようなものなのでしょうか?

人肌に暖める事でなじみを良くする

冷たいままで使わずに、ジェルのチューブを湯船にドボンと居れ、一緒に入浴しちゃいます。毛穴もしっかり開いた頃に温まったジェルでマッサージするようにメイクオフすると、効果が倍になりますよ♪

濃いメイクをした時は、使わない

お肌が弱い人は、基本メイクは薄めの人が多いのですが、濃いメイクをした時は、ジェルタイプだと落ち方が物足りないという人も居るようです。特にマスカラをバッチリ付けた時は、ジェルでは落ちない事も。こういう時は、お肌はジェルタイプで、マスカラはオイルタイプでと分けてクレンジングする事でさっぱりと洗い流す事ができます。

ドライスキンの方は保湿タイプを選ぶ

ジェルのマイナス面に、乾燥してしまうと言うのがあります。さっぱり洗い上げるには適しているのですが、商品をしっかり選ばないとさっぱりしすぎて洗い上がりがカサカサなんていう事も。オイリー肌の人にはもってこいのジェルクレンジングですが、ドライスキンの方は、保湿効果抜群などのうたい文句が書いてある商品を選んだ方が良さそうです。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、ジェルクレンジングの魅力と、ジェルクレンジングを上手に使うコツについてお話ししてみました。お医者様が薦めている商品は、「化粧落とし」というストレートな名前のクレンジングジェルです。500円ぽっきりで買えてしまう商品なのですが、効果は、500円以上のものだったと驚きの声がたくさん寄せられていました。
お肌に優しいクレンジングジェルを使って肌をいたわりながらメイクオフすることで、美肌を保っていけるのですね★